アレルギー のケア

nuru_5

アレルギー お手入れ方法
allergy-care_1アレルギー、かゆみへのスキンケア ポイント
かゆみにはパナスイオンローションをお勧めします。
あらかじめ、冷蔵庫で冷やしておき、かゆい時、又はお風呂上りにシュッと身体に吹きかけてください。
クリームは就寝前に塗ることをお勧めします。
アレルギーにお悩みの方には塩風呂、酒風呂が良いといわれています。お風呂に塩をタップリと入れ、3日間。お風呂に日本酒をタップリ入れて1日と入ります。


koramu_3おへそ回り 美肌効果!
おへそ回りは交感神経を高ぶらせ代謝を促し、お肌を美しくする一番のポイント。お風呂上りに、漢方堂クリームをたっぷりとおへそ回りに塗りこみます。両手の人差し指、中指、薬指をつかって、ゆっくりと、ていねいに、時計回りに擦り込むのがポイントです。


nuru_3アレルギー緩和 眉間 眉上
アレルギー症状の緩和には、まず眉と眉の間にクリームをていねいに擦り込みます。この場所はストレスの解消や美肌効果があり、毎日ていねいにスキンケアすることをおススメします。その後クリームで眉上を図のように中心から外へマッサージ。 眉上が痛い場合は要注意です。


nuru_4腎臓 耳 アレルギー
アレルギー症状の緩和に腎臓系を刺激してあげると落ち着くことが多いです。お顔の中では耳がそれにあたります。
「耳は始終もむとよい」ということわざがあるほど耳は血色良くやわらかでなければいけません。 固く黒ずんでいる場合は注意が必要です。 クリームを耳全体に塗り、もんだり、軽く引っ張ったりすることで症状が緩和します。とくに図の位置の耳たぶの反対側のでっぱりはかゆみに良く効きます。


nuru_5腎臓 足 アレルギー
「足の冷えは腎臓の血流を悪くする」ことがわかっています。 足の裏、足首 足のスネなどは強めな力で丁寧にクリームを擦り込むことでアレルギーが緩和します。 クリームを塗るポイントとして「お顔や上半身はやさしく。足など下半身は強めに」が良く効きます。 塗る温泉・摩訶クリームで素敵な出会い。楽しい春をお過ごしください。

摩訶ゴールドクリーム&塗る温泉クリーム (株)漢方堂本舗 TEL048-873-1743

 

PDFファイルのダウンロードはコチラから  →  アレルギー-のケア.pdf